用語集


バッチ生産方式(ロット生産方式)【読み方:バッチセイサンホウシキ(ロットセイサンホウシキ)】


用語解説

製造における生産方式であり、1つの品種を一定数量でグルーピングし、その一定数量単位で生産を行う生産手法のこと。断続生産、間欠生産と呼ばれることもある。複数の品種を同じ生産ラインや機械、装置などで生産している場合、生産品種の切り替えに時間面・コスト面でロスが発生する場合などにおいて、一定の数量をまとめて生産するロット生産の手法がとられる。反対語は、連続生産方式。

用語解説

製造における生産方式であり、1つの品種を一定数量でグルーピングし、その一定数量単位で生産を行う生産手法のこと。断続生産、間欠生産と呼ばれることもある。複数の品種を同じ生産ラインや機械、装置などで生産している場合、生産品種の切り替えに時間面・コスト面でロスが発生する場合などにおいて、一定の数量をまとめて生産するロット生産の手法がとられる。反対語は、連続生産方式。

省略表示に戻す

  
※複数キーワードでの絞り込み検索が可能です。(例)アース 端子

あ~ん

A~Z

0~9

掲載されていない単語を投稿する

用語名
解説