顆粒状甘味料及びその製造方法 - 特開2004−267195

  A 生活必需品 / A23 食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理

発明の名称 顆粒状甘味料及びその製造方法
発明者 【氏名】川口 晋
【住所又は居所】三重県四日市市羽津中2−2−4 三協製薬工業株式会社内
【氏名】早川 充生
【住所又は居所】三重県四日市市羽津中2−2−4 三協製薬工業株式会社内
課題・構成 【課題】キシリトールを使用するにもかかわらず、ブロッキングを起こしにくいテーブル用甘味料を提供すること。

【解決手段】顆粒状甘味料を構成するキシリトール結晶の粒度が10から20メッシュに設定されている。ここで、キシリトール結晶の粒度を20メッシュ以下に設定するのは、キシリトール結晶をテーブル用甘味料として用いた場合にブロッキングが生じることを防止するためである。一方、キシリトール結晶の粒度を10メッシュ以上に設定するのは、溶解のしやすさや扱い易さを考慮したものである。
特許の簡易説明 【請求項1】
キシリトール結晶を主成分とする顆粒状甘味料であって、
キシリトール結晶の粒度が10から20メッシュの範囲内に設定されていることを特徴とする顆粒状甘味料。
【請求項2】
キシリトール結晶の粒度が12から20メッシュの範囲内に設定されていることを特徴とする請求項1記載の顆粒状甘味料。
【請求項3】
微量成分として所定量の高甘味度甘味料をキシリトール結晶に配合してなることを特徴とする請求項1及び請求項2のいずれか一項記載の顆粒状甘味料。
【請求項4】
前記高甘味度甘味料は、アセスルファムカリウムであることを特徴とする請求項3記載の顆粒状甘味料。
【請求項5】
前記高甘味度甘味料を添加する前記所定量は、2重量%以下に設定されていることを特徴とする請求項4記載の顆粒状甘味料。
【請求項6】
顆粒状甘味料は、スティック状の包装袋に内包された食品であることを特徴とする請求項5に記載の顆粒状甘味料。
【請求項7】
顆粒状のキシリトール結晶をふるいにかけて、粒度が10から20メッシュの範囲内のキシリトール結晶を分別する工程と、
分別された粒度が10から20メッシュの範囲内のキシリトール結晶に、微量成分として所定量の高甘味度甘味料を配合する工程と
を備える顆粒状甘味料の製造方法。
【請求項8】
キシリトール結晶の粒度が12から20メッシュの範囲内に設定されていることを特徴とする請求項7記載の顆粒状甘味料。
【請求項9】
前記高甘味度甘味料が、アセスルファムカリウムであることを特徴とする請求項7及び請求項8のいずれか一項記載の顆粒状甘味料の製造方法。
【請求項10】
前記高甘味度甘味料を添加する工程において、顆粒状のキシリトール結晶に微粉体状の高甘味度甘味料を混合して、当該高甘味度甘味料を顆粒状のキシリトール結晶の表面に付着させることを特徴とする請求項7から請求項9のいずれか一項記載の顆粒状甘味料の製造方法。
【請求項11】
前記高甘味度甘味料を添加する工程に際して、水分を含む微量の液体状助剤を添加することを特徴とする請求項10記載の顆粒状甘味料の製造方法。
【請求項12】
前記微量の液体状助剤は、霧状若しくは蒸気として適用されることを特徴とする請求項11記載の顆粒状甘味料の製造方法。
【請求項13】
前記微量の液体状助剤は、水であり、当該微量の液体状助剤の添加量は、0.1%以上0.25%未満であることを特徴とする請求項11及び請求項12のいずれか一項記載の顆粒状甘味料の製造方法。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、キシリトールを主成分とする新規なダイエット用の顆粒状甘味料及びその製造方法に関するものである。
【従来の技術】
キシリトールは、虫歯予防効果がある食品として注目されており、しかも、摂取量に対する吸収若しくは代謝量の割合が低いことから、口腔保健食品に多用されている。
【0002】
例えば、キシリトールに風味改良材としてスピラントールを配合したキシリトール含有組成物が、キシリトールの甘みや後味を改善する目的で提案されている(特許文献1参照)。
【0003】
また、キシリトールその他の甘味料をフレーバと共存させるとともに、ラミネート包装材料に個装することによって、フレーバを長期に亘って保持可能にしたものが存在する(特許文献2参照)。
【0004】
【特許文献1】
特開2001−178395号公報
【特許文献2】
実用新案登録第308604号公報
【発明が解決しようとする課題】
しかし、キシリトールは、高い吸湿性を有し固まり易い性状を持っているので、それ自
出願人 【識別番号】500580677
【氏名又は名称】三協製薬工業株式会社
【住所又は居所】三重県四日市市羽津中2−2−4
代理人 【識別番号】100118865
【弁理士】
【氏名又は名称】本田 圭子

【識別番号】100102978
【弁理士】
【氏名又は名称】清水 初志

【識別番号】100108774
【弁理士】
【氏名又は名称】橋本 一憲

出願番号 特願2003−206618(P2003−206618) 公開番号 特開2004−267195(P2004−267195A)
出願日 平成15年8月7日(2003.8.7) 公開日 平成16年9月30日(2004.9.30)
キーワード
特許公開期間
大カテゴリ
中カテゴリ
小カテゴリ